年間を通じて家賃が同じとは限らないブログ:27 10 14


減量をする時に気をつけるべきこととして、
食べる事と運動がありますよね。

ところでこの食べる事と食べる事について、
読者様は、
行うべき順番があるというのをご存知でしょうか?

運動は、食べる事をしてから
しばらく経過をした時に行うのが良いと言われています。

食べる事をしてから十分な時間をとれば、
体質の中に食料はなくなります。

すると、
運動をする時に使われるエネルギーは
純粋に体質の中にすでに蓄えられている
脂肪や糖分をエネルギー源として使います。

ところが…
食べる事をした直後に運動をしたとします。

すると、
今体質の中に取り入れた食べる事のエネルギーを
燃料のもとにしようとします。

減量は
体質の中にたまっている余分な栄養分を
いかに使うかにかかっています。

ですから、
今摂取したものを使っては、
減量の効果が半減してしまうわけです。

よく朝方早くに
ジョギングをしている方がいらっしゃいます。

あれって、減量の面から見ると、
非常に効率的な方法だと言えるんですね!

というのも、!--時間朝-->起きて運動するということは、
体質の中に食べ物がないはずです。

なので、確実に、
すでに体質の中に貯蔵をされているものが
エネルギー源として使われるんですよね。

食べる事をしてからしばらく経過した時に
運動をするのは、望ましいことです。

しかし、
水分も一切摂取しないというのはかえって危険ですから、
控えるようにしましょう。

俺たちの体質の大半は、水分で構成されています。

ですから極度に水分を失うということは、
生命の危機に発展しかねないのです。