"不動産業界におきましても、繁忙期と閑散期というものが大きく分かれています。
繁盛期は卒業式や入学式など新しい生活の始める3月頃であり、多くの人が不動産屋を利用しています。

 

冬から春にかけましては部屋を探す人や部件数ともに最も多い時期となっているので、 良い物件も確かに多くなっていますが、すぐに契約をされてしまうことがあります。
さらに通常よりも賃料を引き上げて紹介をするケースもありますので、慎重に物件選びをするようにしてください。

 

梅雨時期〜8月までというのは、不動産会社にとりましては閑散期であり、部屋を探す人が激減します。
一人でも多くの入居者を確保したいという理由で値下げ交渉にも応じてくれることもあります。"





傘立てcheck!
URL:http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/
傘立ておすすめ


年間を通じて家賃が同じとは限らないブログ:30 7 17

このところ超多忙な日々を送っていたのですが
仕事も一段落して、
2日ほどゆっくりできる時間を作ることができました。

1日目は
妻のために買ってあげたDVDを一緒に見て、
家の中でのんびりと時間を過ごしました。

2日目は散髪に行ってから、
妻の要望で近くのショッピングモールに行って、
あれこれと見て回りました。

おいらと妻は、あるところに行くと、
時間を忘れて夢中になります。
それは、本屋と文房具屋とお土産屋です。

この3個所に行くと、
夫婦そろって腰が重くなり、全く動かなくなります。
友達には嫌がられたりしますね。

今回は、本屋と駄菓子屋に行ってきました。

発端は妻が
「天体写真の本が欲しい!」だったのですが、
行けばそれなりにおいらも楽しんでしまいます。

妻が本を選んでいる間、
おいらは写真集のコーナーにいました。

決してグラビアアイドルの写真を見ていたわけではありませんよ。
ナン・ゴールディンという人の本で
「悪魔の遊び場」という分厚い写真集があって、
おいらは何となく魅かれてぱらぱらっと見てました。

実際見たことのある人はわかると思いますが、
かなり賛否両論が分かれそうな本なんですよね。

でも、おいらはなぜかこの本が気になって、
ただぼーっと眺めてました。

次は駄菓子屋へ行ったのですが、
おいらにとってはパラダイスのようなところです。

懐かしいココアシガレットやよっちゃんイカなど、
1960年代以前の人には
すごく懐かしいスナック菓子がいっぱいありました。

日々忙しくしていると、
どうしても家でごろごろしたくなったり、
何もしたくなくなったりしますが、
たまには家族で、もしくは一人ででも、
ふらっとこんな1日を過ごしてみるのも、いいかもしれませんよ。